イメージ画像

日焼け止めの必要性

日焼け止めが必要性はあまり一般的なってきましたが、まだまだ、しっかりとした知識が得られていない人が多いのも事実です。日焼け止めは太陽から注がれる紫外線を防ぐためのものです。少し前までは日焼け止めは健康的な証として言われていましたが、現在では肌にダメージは受けてしまうので、できる限り紫外線を受けないようにするということが常識となりつつあります。紫外線を受けた肌はシミやシワが増えてしまいます。若いうちは代謝が良いので比較的シミやシワはわかりませんが、新陳代謝が悪く年々人なってくるとシミやシワが目立ってくるようになります。また、紫外線に当たりすぎると免疫機能も低下してきます。皮膚がんもその一つで日焼けをして良いことはほとんどありません。海水浴などで積極的に日焼けを行う人も多いですが、その場合も肌を傷めないための対策はとても大切です。できれば日焼けもこの内容にした方が良いくらいです。一度、シミやシワになってしまうそれを治すにはとでもお金がかかります。若い頃はいいのですが、年をとってきた時の事も考えて早めからの日焼け対策を行っておく必要があります。uv ケアなどの商品は、色々と販売されていますのでどのような特徴があるのか確認した上でしっかり使っいきましょう。

2012年5月21日

このページの先頭へ